06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     
    auther:スポンサードリンク, -, -, -, - -
    自分の乗り方!
     
    << チンプンカンプン | main | Tボード&インディアナ=がっつり遊びました。 >>
    0
      最近、インディアナを購入してTボードとの乗り方の違いを、半ば悩み事の様にUPしていたのですが、

      ここで1つ、追加です。

      これはあくまでも、ふみたんの独断と偏見の解釈です。記事の内容はあまり参考にしないでくださいね(ヨロシク)

      ふみたん限定!Tボードでの脱傾けターン!!そして荷重ターンへ!!

      ここでは、安易に傾けターンと表現していますが、
      それは、なぜか??

      ふみたんの場合!! Tボードではショートターンは別ですが、ミドルターン以上は一応、思ったとおりに曲がれます。
      が!! マテリアルの違いはありますが、ロンスケでは曲がりませんでした。
      昔は、もっと曲がれたのに!!です。
      Tボードをやり始めてから、極端に曲がれなくなってしまった現実があります。

      Tは、前輪のトラックが左右に若干動きます。それに体重をのせてターンするのですが、極端な話し、少ない荷重でも以外と曲がるものです。もちろん、全く荷重しないと曲がりませんよ!!
      自分は、もっと荷重させられるのに!! あえて楽を覚えてしまった感があります。
      まぁ〜、フォームの問題もありましたが!!
      でも上手い人は、しっかり荷重させていると思います。

      Tをしてて、ターン弧が広い人は、要注意です。

      自分の今までのTボードでのターン方法(安易に傾けターンと表現)
      まずは、膝を曲げて、膝に有る程度のクッションをもたせます。そしてつま先立ち&かかと立ちの要領でターンしてましたね!!上半身はバランスをとってるだけでした。
      それで、十分にミドルターン程度はこなしましたから!!

      これで、ロンスケ乗ったら、曲がらん!曲がらん!!
      完全に荷重不足で踏み込み不足!! 暴走への道にまっしぐら!!

      ロンスケに比べて、少ない荷重でも曲がれるTボードを再認識です。
      これが、ふみたんが、傾けターンと言っている最大の理由です。
      最小限の荷重で傾けてるだけで、しっかり荷重してないかも??的ターンです。
      ??の疑問符号は付きますがね!!
      ロンスケで緩やかなターンしかできなくなってたのは、事実ですから!!

      師匠のヨネ吉さんは、ロンスケでもしっかり鋭角なターンをします。そして暴走もしません!!
      イコール、Tでもしっかり体重の乗ったターンをしていて、ターン弧も安定していますから!!
      これが、ヨネ吉さんには有って、俺には無いもの!! 大きな開きの1つでもあると思っています。

      これは、バランスのとり方ひとつで変わってくるはずです。
      ネコさんのサイト、「初心者脱出方法」に記載がありますので、1度見てみると面白いですよ!!
      その2 上体の動き方  でX印のフォームでTをしている方は、完全にふみたんが言う「傾けターン」だと思います。 荷重が膝から下しかかけようがありませんから!!
      膝から下の動きでTボードを傾けてる。=荷重も体全体ではなく膝にかかってるテンションを足首の動きで部分的に荷重させてる!!って感じでしょうか??

      これでは、ロンスケは操れませんしスノーでもギャップに弱い滑りになると思います。
      できれば、体全体を垂直に!!(1本の線で)荷重させるフォームを身に付けたいものです。


      スノーボード・スケートボード・ウェイクボード・サーフィン・インラインスケート・MTB・BMXのDVDをお探しの方は、ここをクリック!!

      Tボードに乗ってみませんか??アスファルト上のスノーボード・Tボード!!ふみたんオリジナルの説明ページへGO!!
      ↑Tボードの欲しい方は、クリックすべし!!



      ↑Tボードメーカーさんへの直リンクですぞ(^^)/
      動画コンテストにエントリーNo.6で参加中!!投票よろしく!!   
      投票期間 2006年7月1日〜10月31日まで



      可愛いブログランキング参加中!クリックしてね!!


      「ロケットパワーにんじん君」禁断のガソリン代を安くする秘密兵器って知ってますか?? 何か気になります!!


       
      auther:ふみたん, Tボード, comments(2), trackbacks(0), - -
      スポンサーサイト
       
      0
         
        auther:スポンサードリンク, -, -, -, - -
        Comment
         
        堀之内プロ様>

        早朝に練習に行ったのですが。
        実は、ヨネ吉さんへのプロからのコメントを見て、

        ターン中に谷周りから谷周りにかけて、上半身がスライドする事

        を試したくなって行ってきました(笑)

        雨が降ってきてしまったのですが(涙)

        今度、ぜひ試してみます。

        デッキの反発の理論、なるほどです!!
        自分も、加速しない方の部類なんで、これもよくよく考えて実践していきたいと思います。

        これからも、よろしくお願いします。
        ふみたん, 2006/09/10 9:15 AM
        おはようございます♪

        シビアに結構 考えて滑ってんですね♪俺も見習わなくては・・・。

        そうそう 技術的な事書いてあったので、ついつい書いてしまいました。

        それで、僕が講習会をやっている事は、ご存知でしょうが、ある程度の人たちを見てきたつもりです。そこで 一番トータル的に見て、殆どの人が、上に立ち上がっています。上に立ち上がる事により、後足に力がかかってしまいターンの切り替えしが遅れる事と板の先走りをしてしまう事が多く見受けられます。

        Tボードでもインディアナでも、今度試して欲しいのは、ターン中に谷周りから谷周りにかけて、上半身がスライドする事です。スライドというのは、フォールライン(板が進む方向ではなく、自分が進むべき方向)に体軸を倒し、ターン中 必ず ターンの内側に体がある事です。そうすれば、滑走中、板より体が先にあり、板が後からついてくる感じになるはずです!

        あと確かにインディアナは、反発を楽しめますが、その反発を使う場所が、今まで見て加速しない質のターンの人が多いんですよね〜そこで、多く見受けられるのが、後足でデッキを踏む人が多いです。それらは、立ち上がり方向にも影響があるかと思います。

        できるだけ シンプルに考えて滑ってみるといきかと思います。

        スノーボードでも、板にサイドカーブがあり、滑走中、両足で傾けるだけでカーブもしくは、カービングが可能です。インディアナやTボードでも、同じ様に、まずは、デッキを傾ける事を意識すれば、かなり シンプルに考えられるかと思います。
        hori, 2006/09/10 7:23 AM









         
         
        Trackback URL
         
        トラックバック
        ,
         
         
        (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.